つらつら椿な日々
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サイケな影と光
こんばんは。
おとといのサンデー。
久々に冬らしく白い空に、雨が降っていました。ぽつりぽつりと。
品川にある原美術館に「Olafur Eliasson 影の光」なる
日本の美術館における初個展を見に行ってきました。
オラファーさんはコペンハーゲンの人なんだが、自然現象を使ってインスタレーションの作品を作っている方なのです。太陽まで作ってしまいます。彼の作品の「Wheather Project」という代表作のなかで。
 
このような知識はまったくなく、友人に付いて行ったのです。
いやぁー面白かったですよ。ある意味昔からある原理を使ってるんだけど、
光を通して、影をつくる、という単純な行為で、ここまで異次元のようで自然的な現象を見せてくれたなという。あんまり言葉じゃうまく説明できねぇぜ。体感してくれ!みんな!
映画を勉強している人にはとても、グットなインスタレーションだと思います。
映画を作るのにもやはり、光と影が大切だからね。忘れていた基本的な事に気付かされます。

原美術館も初めて行ったのですが、乙なプレイスでした。
白いタイルはお風呂屋さんを思わせる。
ピンクの電話を大切にしている。(記念に写真撮影)
庭のみえる喫茶店は水が旨く、何度も注いでくれて、やさしい。
ちなみに、マシュマロロイヤルミルクティーを飲みましたが、とても上品なお味でござんした。

この日は、知らない人に沢山話しかけられた。
美術館でも、帰りの電車の中でも。
電車の中では風船を持った人が沢山いたので、なにかなと思ってみてたら
サザンのライブだったんですよぉ、とおばちゃんが。母娘でいったみたい。
おばちゃんは大満足な様子で高円寺でおりていったよ。
ちゃっかりサザンのライブもおすすめされて、ニコニコしていた。
友人は言う、あなたといると知らない人によく話しかけられるよーととと。
そうかー。いつもきょろきょろしてっからかな。

帰る頃には雨もやんで、透き通った冬の夜空が広がっていた。
ロックでサイケな楽しい日だった。

単色の部屋と風が吹くコーナー
| | 05:11 | comments(3) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
ナンニ・モレッティのエイプリル
ナンニ・モレッティのエイプリル (JUGEMレビュー »)

あのね、エンディングがたまらないのよ。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ