つらつら椿な日々
<< めじろ | main | あるいはその夏は >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
その時、ぴったり
 Henry Derger's Room
というヘンリーダーガーの部屋を紹介した本を読んだ。
そこにあった興味深いものたち

・アレクシアン・ブラザース病院のメダル
・靴下の箱:「輪ゴム輪ゴムはご存知だ」の自筆ラベル付き
・孫の手
・絵の具箱:「働きのない色、使わない色」
・ブリキ箱:「ヘブンならぬセブンの濃い緑色」
・スクラップブック:「小さかろうと大きかろうと、消防士や市民が命を落とした
           火事の絵」
・おむつの赤ちゃん図版 切り抜き
・ロブスターの尾
・天気予報の本6
・クイズ・キッズ紙人形

追記:
 バックベアードマガジンに入っていたCD
どれも好きなんだけど「汽車が田舎を通るそのとき」が
いまの私にぴったりな気がして、安心した。
その時の自分とシンクロできる音楽と出会えることはとても幸せだね。
その時、ぴったりの。
 今まで気付かなかった小さな優しさに気付いた。
 手遅れになる前に伝えよう。
 

| 生活 | 21:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:40 | - | - |
そうだね その通り
でも むずかしいよ 
シンプルなのに 自分で難しくしてしまって
1本の紐は いまはグルグル巻きなの
何に反応してるか きみならきっとわかるよね?

ありがとう いつも
3人は心地よくって 優しさが流れるようだから
安心する
| | 2008/03/21 1:31 AM |









http://okappa-abe.jugem.jp/trackback/48
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
ナンニ・モレッティのエイプリル
ナンニ・モレッティのエイプリル (JUGEMレビュー »)

あのね、エンディングがたまらないのよ。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ